仕事はできるとこから片付けなさい

仕事の効率化で重要なことは「できることから片付ける」ことといわれています。
至極当然のことなのですが、意外とこれが難しいのです。
全体の流れが把握できないとなかなかこの当たり前ができない人が多いんです。
どうしてそうなるかというと、2つ考えられます。
ひとつは「多くの人が途中までやっても、そこで終わるのなら無駄になるかもしれないと考えてしまうこと」があります。
たとえば今日が月曜日で金曜日までに「今期の営業計画を出せ」よいう仕事があったとします。
そんな時に
・度pの居客を重点的に攻めようか?
・この顧客からいくら売り上げを上げることが出来るだろうか?
と考えてなかなか考えがまとまりません。
で、結局「月曜まで時間をください」と週末に自宅でじっくり考えることにしました。
自宅でじっくり考えると
「そうだ!前期の売上と実績を顧客別に分析すればいいたい」
そう考えても週末でもう会社は締まっています。
なんとか月曜日の早朝に出社してなんとかその日の夕方までに必死で間に合わせるのが関の山です。
月曜日に前年度のデータのチェ㏍スをしておけばもっと早く仕事は終わっていたはずです。

もうひとつは多くの人が仕事を細かく細分化しないことです。
仕事を駒枠細分化していくつかの構成要素に分けて、それぞれの仕事を同時並行していけば仕事というものははかどることが多いのです。

ところが多くの人は細分化せずに漠然と人地のものとして考えてしまいます。

でも、この細分化は皆さん子供の故rに経験していることを思い出してください。
それは夏休むの宿題です。
夏休みの宿題が出ても、ほとんどの人は遊び惚けていて宿題のことなんか忘れていることでしょう。
いえ真実は忘れているふりだけなんですけどね。
そして夏佐海の最終盤になってから慌てて取り掛かろうとします。
その膨大な量に恐れおののいてどこから手を付けていけないいのか?見当もつかないくらいだったでしょう。
毎日少しずつでもやっておけばそんな苦労もしないで済むのはわかっているはずです。
しばらくさぼってはいても、少しでもできることころから片付けておけば夏休みの最終の時でもそれほどは慌てなかったことでしょう。
結局、ミスや間違いだらけのやっつけ仕事の宿題ではなかったですか?

仕事も同じです。
一気にやろうなんて考えずに、すぐにできるところから手を付けていくことが大事なんです。
ソラノメ soranome 口コミ

仕事の邪魔をする常識、切り開く常識の差

仕事で成功するためには時に常識を捨てなければいけません。
べつに違法行為を勧めているわけではありません。
ただよくビジネスで言われる格言に
・常識を取り外せ
・人と違った道を行け
・人の後ろに道は無し
・みんなが右に行くなら左に行く勇気を持て
表現に差はあれどみんな「脱・常識」を説いています。

たとえば「「お金で幸せは返るか?」
と質問されれば多くの人は
「幸せはお金で買えない」
と答えるでしょう。
それは正しい常識でもあるが、これはこれから成功を目指す人には障害となる常識でもあります。

「幸せはお金では買えない」
これはずばりきれいごとの常識なのである。
「幸せはお金で買える」
そんな非常識こそ成功の原動力でもあるのです。

成功すればだれもが気が緩んできます。天狗になります。
自分の考えがすべて正しいと勘違いしてしまいます。
知らず知らずのうちに傲慢になり他人への気配りもできなくなります。
信頼していた人間に裏切られたり、友人が去って行って寂しい思いをしたり
最悪の場合にはたった一度の判断ミスで全財産を吹き飛ばすことだってあります。
だから自分の常識は常に疑ってかからなければならないのです。

成功を目指そうとしている人なら常識はまず疑ってかかることこそ大事なのです。
仕事上のお金儲けや成功で自分の常識にとらわれることは、これからじぶんがやろうとしていることにブレーキ鵜を書けることがあるのです。
「幸せをお金で買うことなんてできない」
そう考えている人がお金儲けのための仕事に没頭なんてできません。

ビジネスで仕事も傍目網桶も命を賭けた戦いです。
そこにきれいごとなど通用しないことがほとんどなのです。

出し抜かれた
引き抜かれた
そんなことは日常茶飯事なのです。
ですから時に常識なんて捨てましょう。
それは時に「甘え」や「言い訳」の理由にしてしまいます。

仕事ができる人は多くのアイデアやひらめきをどんどん出してきます。
それは常識にとらわれていてはそんな発想はとてもできないのです。

ロレックス ボロボロ 形見 修理

理想の健康的なからだ

仕事や毎日の生活を振り返って考えたときに、丈夫なからだや健康的なからだというものの重要性といったものをあらためて確認したという人もいるでしょう。このからだの問題ということに関して『理想の健康的なからだ』というものを考えてみたいと思います。まず、『理想の健康的なからだ』とはどういったものなのか。これについて考えます。なにより、病気がなく、毎日活発に生活できるカラダということがいえるかと思います。それに次いで、上記を踏まえたうえでの肌の調子の向上といったことをあげることができます。最近は周知徹底がなされてきているためか、美容のみを考え、健康をおろそかにするといった指導はほとんどなされなくなりました。ダイエット一つとってみても、体調や健康、そして肌質のデメリットというものを発生させない手法というものがすすめられています。どういったからだを『理想の健康的なからだ』というかは人によってさまざまだとは思いますが、昨今は、美容、健康両面に対応したからだというものが理想の健康的なからだといわれています。美容面でこれまで、無理をしてきたという人は、ぜひこの機会に健康にも配慮した、からだづくりというものを実践してみてください。
ほかの人に比べて、太りやすいということを遺伝のせいだと持っている方。そして、ひとたび体型管理をはじめると目標まで頑張れるけれど、達成すると気が抜けてリバウンドしてしまうということを悩んでいる方。こういった方々は、ダイエットというよりもまずは、「太りにくいからだつくり」というものを実践することを考えてみてください。まず、太りにくからだつくりで大事になるのは、日々のエネルギー消費を上げること。これが大事になります。これは筋肉量と比例するため、筋力トレーニングが効果的なのですが、いわゆる筋トレではなくて、体の内側。体幹とよばれる薄い部分の筋肉をつけることでも高い効果を発揮します。これはどのダイエット方法を実践するうえでも注意すべき点であり、体重の減少と同時に基礎代謝が下がっていってしまうと、結果として、消費エネルギー量が少なくなっていってしまうため、いざ通常の生活に戻ると、摂取したエネルギー量よりも消費エネルギーが極端に少なくなるため、それが死亡に蓄積していくことになります。この点だけでも意識して対処しておくと、「太りにくいからだつくり」につながります。ほかにも、太りにくいからだつくりというものはあるのですが、これが一番重要なPointになります。

ビハキュア 販売店

仕事関連の勉強でも必要以上は無駄になる

いくら仕事に関する勉強であってもゴールが明確になっていないとその努力が全く無駄になることもあります。
たとえば仕事に英語が必要だと英語の勉強をしていても、仕事で使う英語は超学生レベルでOK,文章も定型文ばかり
そんな状況であればわざわざ英検1級など高度な資格を目指す必要はあまりないかもしれません。
その英語の勉強に費やす時間をもっと他のことに回した方がいいかもしれmせん。
例えば、会社に海外勤務を申し出て、現地でバリバリ仕事をこなしたい!
そんな固い意志があるのならばそのまま英語の勉強を極める必要があるかもしれません。
現地でのビジネスは英語
その細かいにゅあんるを伝えるにはネイティブスピーカーレベルが必要かもしれませんからね。

ただ
「出世したい」「同僚に負けたくない」
そんな気持ちで仕事に関する勉強を始めるのならばまず最初にその勉強が本当にその目的に直結しているのか?
それを必ず見極めてください。
私は建築関係の会社に勤めていた頃、宅地建物取引士の資格を取りましたがそれをとったことで会社から評価されることもなく給与が増えることおありませんでした・
時代はまさにバブル
建築と不動産は非常に近い存在
だから猛勉強して取得したのですが全くの無駄になってしまいました。
ただ転職の際にはすごく有利に転職が出来て無駄にはなりませんでしたけどね。

確かに学んだことは決して無駄にはならないですが、「仕事に関する勉強」が必ずしも今の仕事に役に立つとは限らないのです。
もし多少は生かせてもその勉強に費やした時間とお金に対してのリターンは限りなく少ないかもしれません。
私は資格の取得に十万円以上のお金と数百時間という時間を浪費してしまったのです。
サラリーマンをしながら資格勉強に要したお金と時間を回収するのは容易ではありません。
ここは慎重になって、勉強していること、またはこれから勉強しようとしていることが今の自分に本当に役立つことなのか?を考えてみましょうね
にゃんがーど 口コミ

「話しかけ系キャッチコピー」でお客に気づかせろ

「最近、髪の毛の生え際が気になっていませんか?」
「今持っている手帳、マジで仕事に使えてますか?」
「梅雨の季節に洗濯物の生乾きの臭い、気になりませんか?」

商品を売ることも大事ですが
まずお客様に問題点を気づいてもらうことも大事です。
それには「話しかけ系キャッチコピー」も時には有効です。
話しかけ系キャッチコピーの特徴は、それを目にして読んだお客様が「?」とい一度自分に問いかけてみることです。
お客様が自問自答してその問いかけに「そうそう!」と肯定するか「そんなことは私には関係ない」と立ち去るか?
その問いかけでその商品を手にしたお客さんは優良な見込み客であり購入の確率は高いものなるでしょう。
つまりこれはお客の衝動買いを誘発するのに有効なのです。

■ 追加買い、衝動買いを誘導せよ

さらにもう一品
それが売り上げ拡大の秘訣です。
例えば
「パパのおつまみ、余分に1品作るのも大変ですよね」
「朝のお弁当作りの時間 ちょっとでも短くしませんか?」
「いざという時の非常食 ちゃんと備えてありますか?」
もしスーパーのワゴンセールで缶詰なんかの時にこんなキャッチコピーがあったのなら・・・

なかなか缶詰なんか、目的外にはなりにくいです。
だからこそ何か衝動買いを起こすきっかけ作りも重要ですよね。

■「お悩み解決型」の話しかけ系キャッチコピーも有効

「◎◎って不便じゃありおませんか?」
「〇〇って大変じゃありませんか?」
「●●って辛いですよね?」
こんな風に悩みや苦しみが主題が具体的であればあるほど
「あるある!」
「そうよねぇ!」
なんて共感してもらえます。
そこには単に機能や効能などを詳しく説明するよりも強力なメッセージが伝わります。

例えばあなたが名刺ファイルを売りたのなら
「簡単に50オン別に整理ができる名刺フォルダ」というキャッチコピーよりも
「名刺を探すのに時間がかかっていませんか?」
「机の中に名刺が散乱していませんか?」
「たまった名刺の整理ができないあなた、いざという時困りませんよね?」
苦痛や悩みから解放された姿をイメージできるキャッチコピーのほうが効果的ではありませんか?
自分のサインが欲しい

成長を実感できる仕組みを作れ

仕事のの売る億を高めるのに重要なのはズバリモチベーションの維持です。
このモチベーションを維持するには、成長を実感できる仕組みづくりが大事なのです。
やればやっただけ成績が上がる
とか
やればやっただけ評価される
とか
なんらかの目に見える形が大事なのです。
成長しているかどうかわからない状態の時ほど辛いものはありません。
そういう点からも何らかの数値目標を立てて、定期的にそれを測定して行く方法を探さなければなりません。
これは客観的基準であれば必ずしも数値だけとは限りません。
たとえば
「役職を得る」
ということでもOKです。
単に「本を読みまくるぞぉ!」というのではなく「1週間に何冊読破する」というようにできれば数値目標を設定した方が効果的です。
ただ、このような基準は自分の成長度合いを測定するテストがないために本当に成長したかどうかは必ずしも測定できません。

できれば成長の度合いを測定できる試験や数値があるものを対象とするほういが仕事や勉強の励みになります。
ソラノメ 口コミ

これは副業でもかまいません。
FXや株で10万円尾元手を2年で倍にする
でもいいと思います。

資格試験なら合格という単純明快なゴールも設定できます。
その試験委合計1000時間の勉強時間が必要とされているのなら
1か月で何時間
1週間で何時間
そう割り振って短期間の小さなゴール設定でもかまいません。
先週は勉強が進まなかったら今週はその分〇〇時間を増やして追いつこう
そんなゴール設定の変更もできますよね。

あるいは自分よりちょっとレベルが上の人を目標にするのもいいでしょう。
同期入社に人
1年~2年程度先輩の人
そんな人たちを自分の中で勝手にライバルとして想定して追い抜くことをごいーるにするのです。
それが役職なのか?
賞与の査定額なのか?
なにかしら数値化できる目標を設定できうrこともあるでしょう。
それが決まればそれに向かってばく進すればいいだけの話です。
ただ気を付けないといけないのは
成長を実感できる目標は「頑張れば到達できるゴール」でなくてはいけません。
到達できるかわからないのではモチベーションは続くかないからです。