桃を売りたいならキッパリ断言しなさい

自社商品を売り出す時に頭をひねりまくって作り出したキャッチコピー
しかし、売れ行きが今一つ
そんな悩みがある方に知っておいて欲しいのが
断言することの大切さです。
考え出したキャッチコピーに断言する言葉を付け加えることによってさらぬにセールス力をパワーアップさせるのです。

いいですか?
「お客さんは売りつけて欲しいのです。」
なぜなら
「お客さんは自分で判断決断はできない」
のです。
そんなことをいうと押し売りセールスを賛成みたいに誤解されるかもしれませんが、物を売るのはある意味押し売りが必要なのも事実です。
いい商品であれば売れる?
安い商品であれば売れる?
そんな幻想では物は売れないのです。
多くの方がこの幻想に囚われています。
いいですか?
重要なのでもう一度
「お客さんは売りつけて欲しいのです。」
「お客さんは自分で判断決断はできない」

お客さんが商品を買う時にはいつもきまって迷いが生じます。
その迷いをあとひとつ背中を押すのには
きっぱりと断言する
こおtも大切です。

これ、微妙な差が大きな違いのキャッチコピーになります。
「網元直送! 本日の刺身、他店よりも新鮮です」
↓↓
「網元直送! 本日の刺身、 絶対に他店よりも新鮮です!」

「晩酌で旦那様をうならせる日本酒です!」
↓↓
「晩酌で必ず旦那様をうならせる日本酒です!」

「年に一度のガーデニングイベントを開催」
↓↓
「関東最大級! 年に一度のガーデニングイベントを開催」

いかがですか?
「絶対に」
「必ず」
「最大級」
断言するのにはちょっと勇気がいるかもしれません。
もしかしたら他店の刺身のほうが新鮮かもしれません。
檀さんがうなるかどうかもわかりません
関東最大級?ひょっとしたら「もっと大きなイベントがあるかもしれません。
でも、それでもいいのです。
これくらい断言しないとお客様の迷いはなくならないのです。

ただし、そんな断言数r言葉を使う商品お売込みには相当の自信のある商品に限って使用してくださいね。
むやみに使えば安っぽくなってしまいます。
使用頻度には気を付けてください。
おじいちゃん おばあちゃん プレゼント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です