仕事はできるとこから片付けなさい

仕事の効率化で重要なことは「できることから片付ける」ことといわれています。
至極当然のことなのですが、意外とこれが難しいのです。
全体の流れが把握できないとなかなかこの当たり前ができない人が多いんです。
どうしてそうなるかというと、2つ考えられます。
ひとつは「多くの人が途中までやっても、そこで終わるのなら無駄になるかもしれないと考えてしまうこと」があります。
たとえば今日が月曜日で金曜日までに「今期の営業計画を出せ」よいう仕事があったとします。
そんな時に
・度pの居客を重点的に攻めようか?
・この顧客からいくら売り上げを上げることが出来るだろうか?
と考えてなかなか考えがまとまりません。
で、結局「月曜まで時間をください」と週末に自宅でじっくり考えることにしました。
自宅でじっくり考えると
「そうだ!前期の売上と実績を顧客別に分析すればいいたい」
そう考えても週末でもう会社は締まっています。
なんとか月曜日の早朝に出社してなんとかその日の夕方までに必死で間に合わせるのが関の山です。
月曜日に前年度のデータのチェ㏍スをしておけばもっと早く仕事は終わっていたはずです。

もうひとつは多くの人が仕事を細かく細分化しないことです。
仕事を駒枠細分化していくつかの構成要素に分けて、それぞれの仕事を同時並行していけば仕事というものははかどることが多いのです。

ところが多くの人は細分化せずに漠然と人地のものとして考えてしまいます。

でも、この細分化は皆さん子供の故rに経験していることを思い出してください。
それは夏休むの宿題です。
夏休みの宿題が出ても、ほとんどの人は遊び惚けていて宿題のことなんか忘れていることでしょう。
いえ真実は忘れているふりだけなんですけどね。
そして夏佐海の最終盤になってから慌てて取り掛かろうとします。
その膨大な量に恐れおののいてどこから手を付けていけないいのか?見当もつかないくらいだったでしょう。
毎日少しずつでもやっておけばそんな苦労もしないで済むのはわかっているはずです。
しばらくさぼってはいても、少しでもできることころから片付けておけば夏休みの最終の時でもそれほどは慌てなかったことでしょう。
結局、ミスや間違いだらけのやっつけ仕事の宿題ではなかったですか?

仕事も同じです。
一気にやろうなんて考えずに、すぐにできるところから手を付けていくことが大事なんです。
ソラノメ soranome 口コミ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です