仕事の邪魔をする常識、切り開く常識の差

仕事で成功するためには時に常識を捨てなければいけません。
べつに違法行為を勧めているわけではありません。
ただよくビジネスで言われる格言に
・常識を取り外せ
・人と違った道を行け
・人の後ろに道は無し
・みんなが右に行くなら左に行く勇気を持て
表現に差はあれどみんな「脱・常識」を説いています。

たとえば「「お金で幸せは返るか?」
と質問されれば多くの人は
「幸せはお金で買えない」
と答えるでしょう。
それは正しい常識でもあるが、これはこれから成功を目指す人には障害となる常識でもあります。

「幸せはお金では買えない」
これはずばりきれいごとの常識なのである。
「幸せはお金で買える」
そんな非常識こそ成功の原動力でもあるのです。

成功すればだれもが気が緩んできます。天狗になります。
自分の考えがすべて正しいと勘違いしてしまいます。
知らず知らずのうちに傲慢になり他人への気配りもできなくなります。
信頼していた人間に裏切られたり、友人が去って行って寂しい思いをしたり
最悪の場合にはたった一度の判断ミスで全財産を吹き飛ばすことだってあります。
だから自分の常識は常に疑ってかからなければならないのです。

成功を目指そうとしている人なら常識はまず疑ってかかることこそ大事なのです。
仕事上のお金儲けや成功で自分の常識にとらわれることは、これからじぶんがやろうとしていることにブレーキ鵜を書けることがあるのです。
「幸せをお金で買うことなんてできない」
そう考えている人がお金儲けのための仕事に没頭なんてできません。

ビジネスで仕事も傍目網桶も命を賭けた戦いです。
そこにきれいごとなど通用しないことがほとんどなのです。

出し抜かれた
引き抜かれた
そんなことは日常茶飯事なのです。
ですから時に常識なんて捨てましょう。
それは時に「甘え」や「言い訳」の理由にしてしまいます。

仕事ができる人は多くのアイデアやひらめきをどんどん出してきます。
それは常識にとらわれていてはそんな発想はとてもできないのです。

ロレックス ボロボロ 形見 修理

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です