仕事の師匠(メンター)を見つける方法

あなたにも仕事上で尊敬や憧れている上司や先輩がいるでしょう。
機会を見計らってその方にこんな質問をしてみてください。
「〇〇さんって仕事で師匠(メンター)と呼べる人っていたんですか?」
おそらくほとんどの人が「YES」と答えるでしょう。
それくらいh仕事においては師匠(メンター)の存在は大きいものなのです。

メンターとはギリシャ神話に出てくる賢者メントールが語源といわれ、「良き助言者」と訳されます。
ビジネスホンでメンターとは、苦境に立った時や迷ったりしたときに相談してアドバイスをくれる自分の師匠的なものと位置づけられています。
良きメンターに巡り合うかどうかで自分の人生も決まってしまうといっても過言ではありません。

そんなメンターなんて見つからない・・・?
そう嘆く方も多いのですが、実はメンターは意外とあなたの近くにたくさんいうr物です。
いつも先生のようにあなたに的確なアドバイスをくれるだけがメンターではありあm線。
あなた自身が迷っている時に黙って話を聞いてくれる
ただそれだけでも立派なメンターなのです。
メンターにはあなたが信頼できる人でなければなりません。
人として魅力的でありなおかつ仕事のできる人
そんなメンターに巡り合えた簿ならそれはとても幸運なことなのです、

私の場合は一度目の転職の時に巡り合った上司でした。

私は顧客とのクレーム対応で夜遅くまでかかり、会社に帰ったところその上司がスポーツ新聞を広げながら「おっ!返ってきたか!お帰り」と待っていてくれていました。
いまでも覚えているその顧客はとても理不尽なことでクレームをつけてきていました。
その上司はなにもきかず、そのまま私を居酒屋に連れて行ってくれました。
頭のカッカしていた若かりし日の私は次第に怒りが収まっていきました。
その時に私は「この人のために頑張ろう」とも思いました。

なにもおsh字絵を請うだけがメンターではありません。
精神的支えになる人もメンターなのです。
きこえのお助け隊

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です