成長を実感できる仕組みを作れ

仕事のの売る億を高めるのに重要なのはズバリモチベーションの維持です。
このモチベーションを維持するには、成長を実感できる仕組みづくりが大事なのです。
やればやっただけ成績が上がる
とか
やればやっただけ評価される
とか
なんらかの目に見える形が大事なのです。
成長しているかどうかわからない状態の時ほど辛いものはありません。
そういう点からも何らかの数値目標を立てて、定期的にそれを測定して行く方法を探さなければなりません。
これは客観的基準であれば必ずしも数値だけとは限りません。
たとえば
「役職を得る」
ということでもOKです。
単に「本を読みまくるぞぉ!」というのではなく「1週間に何冊読破する」というようにできれば数値目標を設定した方が効果的です。
ただ、このような基準は自分の成長度合いを測定するテストがないために本当に成長したかどうかは必ずしも測定できません。

できれば成長の度合いを測定できる試験や数値があるものを対象とするほういが仕事や勉強の励みになります。
ソラノメ 口コミ

これは副業でもかまいません。
FXや株で10万円尾元手を2年で倍にする
でもいいと思います。

資格試験なら合格という単純明快なゴールも設定できます。
その試験委合計1000時間の勉強時間が必要とされているのなら
1か月で何時間
1週間で何時間
そう割り振って短期間の小さなゴール設定でもかまいません。
先週は勉強が進まなかったら今週はその分〇〇時間を増やして追いつこう
そんなゴール設定の変更もできますよね。

あるいは自分よりちょっとレベルが上の人を目標にするのもいいでしょう。
同期入社に人
1年~2年程度先輩の人
そんな人たちを自分の中で勝手にライバルとして想定して追い抜くことをごいーるにするのです。
それが役職なのか?
賞与の査定額なのか?
なにかしら数値化できる目標を設定できうrこともあるでしょう。
それが決まればそれに向かってばく進すればいいだけの話です。
ただ気を付けないといけないのは
成長を実感できる目標は「頑張れば到達できるゴール」でなくてはいけません。
到達できるかわからないのではモチベーションは続くかないからです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です