仕事関連の勉強でも必要以上は無駄になる

いくら仕事に関する勉強であってもゴールが明確になっていないとその努力が全く無駄になることもあります。
たとえば仕事に英語が必要だと英語の勉強をしていても、仕事で使う英語は超学生レベルでOK,文章も定型文ばかり
そんな状況であればわざわざ英検1級など高度な資格を目指す必要はあまりないかもしれません。
その英語の勉強に費やす時間をもっと他のことに回した方がいいかもしれmせん。
例えば、会社に海外勤務を申し出て、現地でバリバリ仕事をこなしたい!
そんな固い意志があるのならばそのまま英語の勉強を極める必要があるかもしれません。
現地でのビジネスは英語
その細かいにゅあんるを伝えるにはネイティブスピーカーレベルが必要かもしれませんからね。

ただ
「出世したい」「同僚に負けたくない」
そんな気持ちで仕事に関する勉強を始めるのならばまず最初にその勉強が本当にその目的に直結しているのか?
それを必ず見極めてください。
私は建築関係の会社に勤めていた頃、宅地建物取引士の資格を取りましたがそれをとったことで会社から評価されることもなく給与が増えることおありませんでした・
時代はまさにバブル
建築と不動産は非常に近い存在
だから猛勉強して取得したのですが全くの無駄になってしまいました。
ただ転職の際にはすごく有利に転職が出来て無駄にはなりませんでしたけどね。

確かに学んだことは決して無駄にはならないですが、「仕事に関する勉強」が必ずしも今の仕事に役に立つとは限らないのです。
もし多少は生かせてもその勉強に費やした時間とお金に対してのリターンは限りなく少ないかもしれません。
私は資格の取得に十万円以上のお金と数百時間という時間を浪費してしまったのです。
サラリーマンをしながら資格勉強に要したお金と時間を回収するのは容易ではありません。
ここは慎重になって、勉強していること、またはこれから勉強しようとしていることが今の自分に本当に役立つことなのか?を考えてみましょうね
にゃんがーど 口コミ

桃を売りたいならキッパリ断言しなさい

自社商品を売り出す時に頭をひねりまくって作り出したキャッチコピー
しかし、売れ行きが今一つ
そんな悩みがある方に知っておいて欲しいのが
断言することの大切さです。
考え出したキャッチコピーに断言する言葉を付け加えることによってさらぬにセールス力をパワーアップさせるのです。

いいですか?
「お客さんは売りつけて欲しいのです。」
なぜなら
「お客さんは自分で判断決断はできない」
のです。
そんなことをいうと押し売りセールスを賛成みたいに誤解されるかもしれませんが、物を売るのはある意味押し売りが必要なのも事実です。
いい商品であれば売れる?
安い商品であれば売れる?
そんな幻想では物は売れないのです。
多くの方がこの幻想に囚われています。
いいですか?
重要なのでもう一度
「お客さんは売りつけて欲しいのです。」
「お客さんは自分で判断決断はできない」

お客さんが商品を買う時にはいつもきまって迷いが生じます。
その迷いをあとひとつ背中を押すのには
きっぱりと断言する
こおtも大切です。

これ、微妙な差が大きな違いのキャッチコピーになります。
「網元直送! 本日の刺身、他店よりも新鮮です」
↓↓
「網元直送! 本日の刺身、 絶対に他店よりも新鮮です!」

「晩酌で旦那様をうならせる日本酒です!」
↓↓
「晩酌で必ず旦那様をうならせる日本酒です!」

「年に一度のガーデニングイベントを開催」
↓↓
「関東最大級! 年に一度のガーデニングイベントを開催」

いかがですか?
「絶対に」
「必ず」
「最大級」
断言するのにはちょっと勇気がいるかもしれません。
もしかしたら他店の刺身のほうが新鮮かもしれません。
檀さんがうなるかどうかもわかりません
関東最大級?ひょっとしたら「もっと大きなイベントがあるかもしれません。
でも、それでもいいのです。
これくらい断言しないとお客様の迷いはなくならないのです。

ただし、そんな断言数r言葉を使う商品お売込みには相当の自信のある商品に限って使用してくださいね。
むやみに使えば安っぽくなってしまいます。
使用頻度には気を付けてください。
宅配型 トランクルーム 比較

「話しかけ系キャッチコピー」でお客に気づかせろ

「最近、髪の毛の生え際が気になっていませんか?」
「今持っている手帳、マジで仕事に使えてますか?」
「梅雨の季節に洗濯物の生乾きの臭い、気になりませんか?」

商品を売ることも大事ですが
まずお客様に問題点を気づいてもらうことも大事です。
それには「話しかけ系キャッチコピー」も時には有効です。
話しかけ系キャッチコピーの特徴は、それを目にして読んだお客様が「?」とい一度自分に問いかけてみることです。
お客様が自問自答してその問いかけに「そうそう!」と肯定するか「そんなことは私には関係ない」と立ち去るか?
その問いかけでその商品を手にしたお客さんは優良な見込み客であり購入の確率は高いものなるでしょう。
つまりこれはお客の衝動買いを誘発するのに有効なのです。

■ 追加買い、衝動買いを誘導せよ

さらにもう一品
それが売り上げ拡大の秘訣です。
例えば
「パパのおつまみ、余分に1品作るのも大変ですよね」
「朝のお弁当作りの時間 ちょっとでも短くしませんか?」
「いざという時の非常食 ちゃんと備えてありますか?」
もしスーパーのワゴンセールで缶詰なんかの時にこんなキャッチコピーがあったのなら・・・

なかなか缶詰なんか、目的外にはなりにくいです。
だからこそ何か衝動買いを起こすきっかけ作りも重要ですよね。

■「お悩み解決型」の話しかけ系キャッチコピーも有効

「◎◎って不便じゃありおませんか?」
「〇〇って大変じゃありませんか?」
「●●って辛いですよね?」
こんな風に悩みや苦しみが主題が具体的であればあるほど
「あるある!」
「そうよねぇ!」
なんて共感してもらえます。
そこには単に機能や効能などを詳しく説明するよりも強力なメッセージが伝わります。

例えばあなたが名刺ファイルを売りたのなら
「簡単に50オン別に整理ができる名刺フォルダ」というキャッチコピーよりも
「名刺を探すのに時間がかかっていませんか?」
「机の中に名刺が散乱していませんか?」
「たまった名刺の整理ができないあなた、いざという時困りませんよね?」
苦痛や悩みから解放された姿をイメージできるキャッチコピーのほうが効果的ではありませんか?
自分のサインが欲しい

成長を実感できる仕組みを作れ

仕事のの売る億を高めるのに重要なのはズバリモチベーションの維持です。
このモチベーションを維持するには、成長を実感できる仕組みづくりが大事なのです。
やればやっただけ成績が上がる
とか
やればやっただけ評価される
とか
なんらかの目に見える形が大事なのです。
成長しているかどうかわからない状態の時ほど辛いものはありません。
そういう点からも何らかの数値目標を立てて、定期的にそれを測定して行く方法を探さなければなりません。
これは客観的基準であれば必ずしも数値だけとは限りません。
たとえば
「役職を得る」
ということでもOKです。
単に「本を読みまくるぞぉ!」というのではなく「1週間に何冊読破する」というようにできれば数値目標を設定した方が効果的です。
ただ、このような基準は自分の成長度合いを測定するテストがないために本当に成長したかどうかは必ずしも測定できません。

できれば成長の度合いを測定できる試験や数値があるものを対象とするほういが仕事や勉強の励みになります。
ソラノメ 口コミ

これは副業でもかまいません。
FXや株で10万円尾元手を2年で倍にする
でもいいと思います。

資格試験なら合格という単純明快なゴールも設定できます。
その試験委合計1000時間の勉強時間が必要とされているのなら
1か月で何時間
1週間で何時間
そう割り振って短期間の小さなゴール設定でもかまいません。
先週は勉強が進まなかったら今週はその分〇〇時間を増やして追いつこう
そんなゴール設定の変更もできますよね。

あるいは自分よりちょっとレベルが上の人を目標にするのもいいでしょう。
同期入社に人
1年~2年程度先輩の人
そんな人たちを自分の中で勝手にライバルとして想定して追い抜くことをごいーるにするのです。
それが役職なのか?
賞与の査定額なのか?
なにかしら数値化できる目標を設定できうrこともあるでしょう。
それが決まればそれに向かってばく進すればいいだけの話です。
ただ気を付けないといけないのは
成長を実感できる目標は「頑張れば到達できるゴール」でなくてはいけません。
到達できるかわからないのではモチベーションは続くかないからです。